FC2ブログ
フォーラム「新エネルギーのこれから」
●会費:(Amiaフォーラムに初めての参加者は4,000円)
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

       ★『グローバル経済社会研究所』 第19回フォーラム
         http://amia.jp/forum/global19.html

「新エネルギーのこれから」
       自然エネは儲かるが世界の常識
城南信用金庫では異色の改革を断行
小泉純一郎元首相、河合弘之弁護士らと新エネルギー推進

◎ゲスト:吉原 毅氏・原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長(元城南信金理事長)

◎日時:2月12日(火)6:45pm~9:00pm
親睦会9:00pm~
◎会場:東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
http://amia.jp/

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

☆★☆『グローバル経済社会研究所』第19回フォーラム

日本の原発輸出は日立―英国、三菱ートルコ、いずれもストップ。
反原発ー 「新エネルギーのこれから」
自然エネは儲かるが世界の常識
「原発 私はこう思う」と2012年8月にコメンテーターとして出演し、
経団連や同友会を批判して「大企業は原発を買い取って運営できるのか」「原発は採算が合わないので即時ゼロ」と主張。
「原発即時ゼロを決断すれば、自然エネルギーや新世代火力などのエネルギー革命により、日本経済は発展する」
2017年4月に小泉純一郎、細川護熙、河合弘之、中川秀直らと
原発ゼロ自然エネルギー推進連盟(略称原自連)を設立し会長に就任し、全国を講演するほか
2018年1月には「原発ゼロ自然エネルギー推進基本法案」を発表。
◎原発ゼロ自然エネルギー推進連盟(略称原自連)
主旨
東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故を通じて、私たち国民は、原発が人類にとって
非常に危険であることを学び、事故から6年以上が経過した今もなお、全国各地で脱原発や自然エネルギー推進
に向けた活動が熱心に行われておりますが、こうした活動の多くは、孤立・独立しており、相互の連携が図れて
いないのが現状です。
こうした中で、今後、より一層、脱原発や自然エネルギーの推進に向けた国民運動を展開していく上では、
全国各地で取組んでいる活動が一致団結し、お互いに連携協力していくことが重要であると考え、
今回、思想や信条を問わず、原発ゼロと自然エネルギー推進を志すすべての個人や団体が集結した
「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が創設されることとなりました。

--------------------------------------
◎ゲスト略歴:吉原 毅(よしわら つよし)原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長
元城南信用金庫理事長
1955年東京生まれ。77年慶大経済卒。同年城南信用金庫へ。
92年理事・企画部長、96年常務理事、2006年副理事長を経て理事長、
自らの年収を支店長(1200万円)以下に抑え、理事長・会長任期を最長4年、
停年を60歳とする異色の改革を断行。「人を大切にする、思いやりを大切にする」
「原発に頼らない安心できる社会へ」を経営理念とした。
原発ゼロ自然エネルギー推進連盟では原子力撤廃を標榜し、太陽光発電などによる
クリーンエネルギーの導入を推進している。
2018年1月には「原発ゼロ自然エネルギー推進基本法案」を発表。

-------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
2019.01.06 Amia国際交流会
◎Amia国際交流会
http://amia.jp/salon4.html

Amia国際交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!
最近入会された会員や久しぶりの会員、入会に関心ある方の
顔合わせ会です。気軽にお越しください!

・ゲスト:ワインで有名な 駐日モルドバ大使館参事官 ダニエル・ボーダ氏夫妻

日時:1月26日(土)午後6時~9時
会場:外国特派員協会 丸の内
*土曜の夜はライブがあります。
会費:Amia会員(飲食費4000円)非会員(飲食費6000円)
(参加を確認するために事前申込要)
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局
-------------------------------------------------------------
★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

★「欧州コソボ・フォーラム」
          http://amia.jp/forum/kosovo.html
ヨーロッパで最も新しい国
日本人をターゲットにした観光産業に力を入れている
        マザー・テレサはコソボの至る所で功績を讃えるモニュメントあり

◎主賓:駐日コソボ共和国大使 レオン・マラゾーグ氏

◎日時:1月24日(木)18:30~21:00

◎会場:駐日コソボ共和国大使館

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会

◎後援:駐日コソボ共和国大使館 港区国際交流協会

◎協力:航空会社

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

欧州コソボは独立10年、日本に大使館開設2年、もっとも新しい欧州の国である。
コソボ共和国は、バルカン半島中部の内陸部に位置する国家。北東をセルビア、
南東をマケドニア共和国、南西をアルバニア、北西をモンテネグロに囲まれている。
90年代後半のコソボ紛争は旧ユーゴスラビア連邦崩壊のさなか、アルバニア人と
セルビア人の泥沼の民族紛争を経てセルビアから2008年に独立を宣言した。
ヨーロッパで最も新しい国だ。コソボは今、日本人をターゲットにした観光産業
に力を入れている。日本人については90日以内の滞在の場合はビザが免除される。
空港周辺は少し寂しい田園風景が続くが、やがて市街地が近づくと商業施設や
集合住宅が目立ってきた。歴史的建造物を除けばそのほとんどは紛争以降に
建てられたそうで、意外にも紛争の爪痕は見当たらない。

民族の象徴、マザー・テレサ
中心市街地で背の高い鐘楼が際立つのはマザー・テレサ・カテドラル。その名の通り、
マザー・テレサに捧げるために2007年に建てられたカトリック教会の大聖堂。
マザー・テレサというとインドのイメージだが、民族的帰属はアルバニア人となるようで、
コソボやアルバニアの至る所でその功績を讃えるモニュメントや肖像画が見られる。
この大聖堂は宗教施設としてはもちろん、アルバニア人の象徴としての意味合いも
持つという。エレベーターで鐘楼の見晴台に昇ると市街を眺望できる。
プリシュティナ中心を東西に走るこの街道はビル・クリントン通り。その名の由来は、
言わずと知れたアメリカ第42代大統領だ。コソボが独立に至ったのにはアメリカを中心
としたNATOの介入が大きく関わっている。コソボからすれば独立を支援してくれた
アメリカ万歳!というわけで、当時のアメリカ大統領の名を敬意を込めて目抜き通り
に冠したのだ。

------------------------------------------------------------------
●日時:1月24日(木)午後6時半~午後9時
●会場:駐日コソボ共和国大使館
●内容:駐日大使、担当官による「コソボ」レクチャー、Q&A
     コソボ料理、コソボワイン クイズタイム
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
     http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局
-------------------------------------------------------------
eric
映画「エリック・クラプトン」凄い!
みんなやたらと「ボヘミアン・ラプソディー」の映画に
感激したみたいなFBが多いので、違うだろう!
KISS、クウィーン、は75~6年に急に日本で売れだした
バンド。でもエリック・クラプトンは60年代からヤードバーズ、
クリームで活躍した超絶テクのギタリスト、現役だ。
実母に捨てられて祖父母に育てられ孤独のまま過ごす。
ビートルズのジョージ・ハリソンとの親交、そしてその妻
との交際、別の女性と実子を授かるがその子の事故死、
ドラック中毒から猛烈なアルコール中毒を経て、立ち直る。
サイケデリック、ヒッピー、LSD、などの文化の体現者。
ヒット曲数知れず、今も現役。
日本にも複数回来日。2回コンサート行きました。
クウィーンのほうはドラマチックな展開の映画なので
そちらに注目が集まるが、白黒フィルムを交えて
描き出すエリック・クラプトンの半生は他に類を
見ないくらいの時代性を再現する。
こちらの映画がお薦めです。
Eric Clapton - Wonderful Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=KIzOxTCOc_0

Eric Clapton - Tears in Heaven
https://www.youtube.com/watch?v=VmLQes4tmtM

ー映画評ー
「ギターの神様」とも称されるエリック・クラプトンの
激動の人生を追った音楽ドキュメンタリー。
関係者インタビューを極力入れず、ヤードバーズ、クリーム
などのバンド期、そしてソロ活動の未発表映像を中心にした
映像群のほか、私的な日記、手書きの手紙、デッサンなどを
貴重な資料をひも解き、本人によるナレーションでクラプトン
の人生を描いていく。さらにジョージ・ハリスン、ジミ・ヘンドリックス、
B・B・キング、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ、ボブ・ディラン
などの貴重なアーカイブ映像も盛り込み、クラプトンと彼を取り巻く
人びとからその時代が切り取られる。
監督はアカデミー賞作品「ドライビング・MISS・デイジー」などの
製作を手がけたリリ・フィニー・ザナック。
★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

          ★「トルコ・フォーラム2018」
http://amia.jp/forum/turkey2018.html

   イスタンブール、カッパドキアなど観光名所が豊富
   世界三大料理の一つ、美味しいトルコ料理、ワイン
    中東の盟主としての存在感、日本に親近感を持つ国

◎主賓:駐日トルコ大使 ハサン・ムラット・メルジャン氏

◎日時:12月15日(土)16:00~19:00

◎会場:駐日トルコ共和国大使館 大使公邸

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会

◎後援:駐日トルコ共和国大使館 港区国際交流協会

◎協力:航空会社

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

2010年4月に大使館、大使公邸で「Amiaトルコ・フォーラム」を開催、
エル・ツゥール号和歌山沖遭難、串本町民が救助してから120周年記念でした。
http://amia.jp/forum/turkey.html

今回は8年ぶりの開催ですが、現大使は「トルコナイト」にしよう、踊りも入れて
楽しくやろう!とのことです。日本に親近感を持つ国ですから。
料理も世界三大料理の1つ。美味しいです。

通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の
東トラキア地方を領有する、
アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。
北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、
アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。

黒海、エーゲ海、地中海に囲まれた国トルコ。ヨーロッパとアジアの交わるところに位置する
その地理的状況と同様に文化的にもアジアとヨーロッパが交じり合う場所。この地は文明発生
以来、さまざまな民族が訪れ、去っていった。
それゆえこの国はさまざまな顔を持つ。アジアとヨーロッパをつなぐ町イスタンブール、世界遺産
に登録されているカッパドキア、世界で愛されるトルコ料理など、その魅力は尽きない。
最近の一連のニュースでは中東の盟主としての存在感を示したと言える。
また日本に大変親近感を持つ国でもある。今年はアタテュルクの建国以来、95年になる。
トルコ政府の公式見解では自国をヨーロッパの国としている。現代では経済的・政治的に
ヨーロッパの一員として参加しつつある。
トルコはヘルシンキ宣言に署名している。欧州委員会によって2005年10月からの欧州連合への
加盟交渉の開始が勧告された。現在、国内世論と戦いながら加盟申請中である。
------------------------------------------------------------------
●日時:12月15日(土)午後4時~午後7時
●会場:駐日トルコ共和国大使館 大使公邸
●内容:駐日大使、担当官による「トルコ」レクチャー、Q&A
     トルコ料理、ワイン トルコのエンターティメント(演奏、歌、踊りの何れか)
     クイズタイム トルコの踊りを皆で踊る(簡単にできるそうです)
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
     http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局