大隈講堂を重要文化財へ文化審議会が答申
http://www.asahi.com/culture/update/1019/TKY200710190437.html

ワセダは創立125周年になるそうだ。
大隈重信公が唱えた人生125年説に基づいて講堂の時計塔
の高さも125尺にしてある。
誰も創立時に生まれていないので資料をとおして史実の
確認をするしかない、記念式典をやって古を偲ぶ?
久しぶりに改装なった大隈講堂に寄ってみた。
ほんとうは東国原氏が講演にくるというので出かけたが、
間に合わなかった。
かわりに見城美枝子さんがいたので声を掛けてしばし立ち話。
20数年前、見城さんがTBSラジオのアナウンサーだった頃
国際親善の会に来てもらったことがある。
3月のはじめテレ朝「スーパーモーニング」で東国原さんの
マニフェストつくりについてのコメントを収録放映した時の
スタジオのコメンテーターが見城さんだった。
それであ~あの時のと思い出してくれた。
改装された大隈講堂は見城さんが理工ー建築の大学院に
再入学した10年前から提案して実ったものだそうだ。
重要文化財になると国からカネもでる。

講堂内には寄付をした人の名前が銘板に彫ってある。
たくさんのOBが目を凝らして見ていたが、なんせ虫眼鏡で
見ないと見えないぐらいのもの、これで1人8万円とはいい商売。
講堂の外壁タイルも入れ直したので、以前のタイル1枚づつ額に
入れて売り出し中、盾とあわせて3万円である。
ベルリンの壁ならともかく、どこまで価値があるのかいな?
舞台では交替でOBOGの演奏があって露木茂さんや松倉元アナ、
八木女子アナなどが司会を努める。フジテレビの人が多い。
昔はニッポン放送が親会社でフジはその子会社、今は逆転した
などと露木さんが言って笑いをとっていた。
大隈講堂に入るのは2年前に筑紫哲也氏をコーディネーターに
6人の話題の女性国会議員を招いて開いたフォーラム以来だ。
あの時は講堂がお客で満員だった。
以前と較べて椅子がゆったりとして座り心地がいい。
(椅子の背にも名前入りのプレートが!?こちらは125万円)

店頭に並んでいるダカーポ特別号「ワセダ大学の実力」をパラパラ
とめくると、結構バラエティに富んだ人がいたことがわかる。
寺山修司の回顧展も小講堂で11月にやるそうなので、楽しみだ。

おすすめの100冊


skyticket






スポンサーサイト
昨晩のTBS「ニュース23」に筑紫哲也氏がニュースキャスター
として復帰出演した。
肺がんで5ヶ月休養していたわけだけど、その間ずっと番組名が
「筑紫哲也ニュース23」となっていたのだから復帰してあたりまえか?
毎晩でるわけでなく、様子をみながらやるそうだ。
入院中、筑紫さんを見舞った人の話ではテレビ復帰は無理だろう。
ということだったので、どんなものかと思ってチャンネルを回してみた。
予想より、見るかぎりは元気そうである。毛髪はつけ毛だそうだが
体はふっくらと以前より恰幅がよくなった。
タバコは当然止めたんだろうから?その分、食が進んで肥えた?

筑紫氏の休養した5ヶ月間は色々あった。松岡農相の自殺、参院選挙、
安倍辞任、福田政権誕生と日本の政治の変わり目だった。
本来なら解説したいことが山ほどあっただろう。
ガンから復帰してテレビキャスターに戻れたのは快挙、
筑紫さんは生命力が強い。
学窓の師でもあるので、お祝いを申し上げます。

おすすめの100冊


skyticket





★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

     ●NPOフォーラム(例会No.91)
      売れっ子ジャーナリストが
      「官邸崩壊」の真相を語る
      福田政権の行方を占う
      
◎ゲスト:フリー・ジャーナリスト 上杉 隆氏

◎日時:10月25日(木)6:45pm~9:00pm
             親睦会9:00pm~
◎会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
    http://amia.jp/
 
★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

安倍政権の突然の崩壊で先の読めない展開が続く政治。
マスコミの政治部記者はホントのことを書けない。
売れっ子ジャーナリスト、上杉隆氏は著書「官邸崩壊」で
安倍政権の内幕を描いた。政界ノンフィクションとしては異例の
売れ行きで、現在、6万部を突破したそうだ。
各局の報道番組のコメンテーターにも引っ張りダコだ。
支持率70%でスタートした安倍政権は一年を待たずして沈没した。
辞任、自殺、更迭、次々と「離脱」する閣僚、暴走を止めない
「チーム安倍」、そして襲い掛かる危機に何ら有効な手を打つこと
のできないまま突然の辞任。
少年官邸団と揶揄された官邸内部で何が起こっていたのか、
その原因を氏は「側近選びの失敗」としている。
また安倍首相の辞任記者会見は麻生の政治的汚名を晴らすため
に仕組まれたものだったという。
質疑応答は全てシナリオが書かれており、安倍の麻生への謝意は
それに従っただけだった。安倍は判断能力が欠落した精神状態で、
傀儡でしかなかった。言いなりとなって麻生に投票をした。 

福田政権はいつまで続くか、「小泉再登板」の可能性はあるか?
側近の一人は、その小泉再登板に関してこう評している。
「小泉本人は首相の座に興味はない。政界再編が唯一の関心事
だろう。何かの拍子に自民党、民主党が割れるということがあれば、
自分の出番だと思っている。その時まで小泉が動くことはない」
 

◎ゲスト略歴:上杉 隆氏
1968年福岡県柳川市生まれ、東京都新宿区育ち
1987年都立広尾高校卒業
1992年都留文科大学文学部英文学科卒業
在学中 ホテル(富士屋ホテル)
1993年4月~テレビ報道局(NHK)
1995年10月~衆議院議員秘書(鳩山邦夫事務所)
1999年8月~米紙東京支局取材記者(ニューヨークタイムズ)
2002年9月~ジャーナリスト(フリーランス)
2006年4月~キャスター(『ニュースの深層』朝日ニュースター)
主な著作:
「石原慎太郎『五人の参謀』」(小学館)
「田中真紀子の恩讐」(小学館)
「田中真紀子の正体」(草思社)
「議員秘書という仮面」(小学館文庫)
「小泉の勝利 メディアの敗北」(草思社)
「官邸崩壊 安倍政権迷走の一年」(新潮社)
主な連載/レギュラー等:
朝日新聞(be on Saturday)毎日新聞(紙面批評)『新潮45』
(政治コラム)JFN(『Open Sesame!』)文化放送(吉田照美の
ソコダイジナトコ)朝日ニュースター(『ニュースの深層』キャスター)
『週刊プレイボーイ』(コラム/新・東京脱力新聞)
週刊ダイヤモンド(ウェブコラム)など
主な寄稿先:
文藝春秋、月刊現代、論座、新潮45、週刊文春、週刊新潮、
週刊朝日、週刊現代、週刊ポスト、週刊プレイボーイ、AERAなど
主な出演局:
日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、朝日放送、
文化放送、TBSラジオ、ラジオ日本、J‐WAVE、JFN、東京FMなど
受賞:
「第8回雑誌ジャーナリズム賞企画賞」(2001年/一連の田中真紀子
外相報道による)
特別講義:
東洋英和大学院(年2回)、青山学院大学(年2回)、千葉科学大学(年1回)

●日時:10月25日(木)6:45pm~9:00pm
●会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ 
所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-67 
●会費:3000円(会員:2000円) 
    親睦会あり9:00pm~
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
(申し込み)

おすすめの100冊


skyticket