スザンヌ・プレシェっト

恋愛専科

19日に亡くなった米女優のスザンヌ・プレシェットを知っていますか?

「恋愛専科」という映画で甘いマスクの米男優のトロイ・ドナヒューと
(10年くらい前に若くして亡くなった)ローマを舞台に繰り広げる
恋愛劇の主演女優ー第2のエリザベス・テイラーと呼ばれたことも
あるようでー美人だった~。低いハスキーボイスも魅力だった。
60年代の映画ですが、懐かしくも鮮明に覚えています。
山頂のレストランで2人で食事するときに奏でられるのが、名曲
「アル・ディラ」。山あいをロープウエーで上って行くときもスピーカー
から流れてきます。
その後、ヒッチコック監督の有名な映画「鳥」に出演。鳥に眼を突か
れて死亡する女教師という損な役。 ここからツキが落ちたかな?
このときの主演女優、金髪のティツピーヘドレンをヒッチコック監督
が追いかけ回すという騒動もあったそう。
いまどきのジュリア・ロバーツなんかと較べると間違いなく美人女優
でした。もっと大輪の花を咲かせてほしかった。残念。
ご冥福をお祈りします。

おすすめの100冊


skyticket





スポンサーサイト
あの頃の熱い気持ちを きっと思い出すはず。

ということで、地元の市民ホールでオヤジバンドコンテスト公開
番組を見てきました。
こういう催しは各地でやっているんでしょうね。出演バンドも腕が
上がってプロ並み?が多くなってきたようです。
普段はサラリーマン、技術者、なかにはお坊さん、主婦などなど。
NHKのど自慢番組と同じで、事前に審査に通った6つのバンド
がでてきました。
6つそれぞれのジャンルが違い、個性のあるバンドです。

1.「水割り」
  ビートルズナンバーを全員黒のスーツ姿で。
  審査員からお葬式の帰りかと思ったと突っ込みあり。
2.「パパロックJ2クラブベンチャーズバンド」
  40人いるサークル。この日に空いた人の組み合わせでベン
  チャーズの定番2曲演奏。曲に因んで全員イエロージャケット。
3.「オールドカントリーバンド」
  リーダー64歳ほか全員60代、ブルーグラス音楽を奥さん方
  のカントリーダンス付きで、ゆったりしたいいムード。
4.「アクアマリン」
  全員主婦のハードロックグループ。結成20年、孫が出来たと
  いうメンバーも。ディープ・パープルの”ハイウェイスター”を熱唱
  パワフルでした。
5.「健ちゃんバンド」
  和製ロックをやるということで”スタコイ東京”なる曲をアレンジ、
  祭り囃子のリズムで賑わって、ユニーク。
6.「BEAT POPS」
  結成17年。ボーカルは元スクールメイツの女性メンバー。弘田
  美枝子風に”バケーション”を唄う。ボーカル、ベース、ドラムの
  リズムもよかったと絶賛評価。パーティーバンドには最高ですね。

結果、グランプリは? (・・・になりました)。。
出場バンドは殆どが団塊世代前後、みんな楽しんでやっています。
元気でエネルギーがありました。

審査を担当したのは赤シャツの4人組、あの「ワイルドワンズ」です。
ステージではジョークが飛び交い、客席を回って、名曲「思い出の渚」
などけっこう多くのレパートリーを披露(疲労?)してくれました。
平均年齢60.8歳。まさに青春ど真ん中? 断崖の世代ど真中?
番組放送(FM放送)は2月11日だそうです。

おすすめの100冊


skyticket





皆さん
明けましておめでとうございます。
正月は如何お過ごしでしょうか。

昨年末のテレビ番組で08年を表す漢字に、北川正恭氏は「洗濯、選択」
と書き、榊原英資氏は「乱」の一文字でした。元旦の紙面でコロンビア
大学ジェラルド・カーティス教授は「白か黒か」だけでなくグレーゾーンを
選択できる方がよい。と言っています。
カーティス教授は与党と組んだり野党と組んだりする「中間党」があれば、
日本の政治を良い方向に持っていくことができると思う。とも述べています。
大連立騒動を契機に政界戦国時代に入ったのではないでしょうか。

皆さんの2008年はどのような計画ですか?

◎NPOアクティブミドル国際協会主催 セミナーご案内
国際ビジネス研究会
第1回「日本進出を狙うイスラエルのハイテク企業紹介セミナー」
    ~世界最先端のIT・エレクトロニクス技術を武器に~
第2回「シリコンバレー新潮流セミナー」
     ~セカンドライフなどの新技術、環境ベンチャーの紹介~
http://amia.jp/
http://amia.biz/

*産経新聞社発行の大人のためのネッワークマガジン
「Boys&Girlsネットワーク」1月号、及びR&I情報センター発行
「リタイアーメントビジネスジャーナル」1月号に
◎「NPOアクティブミドル国際協会」が記事掲載されています。
またウェブサイトにもアップされています。
http://amia.jp/news.html

*ブログやホームページをお持ちの方、リンクしませんか!
ご連絡ください。

おすすめの100冊


skyticket