先月19日に行われた民主党VS知事会の道路問題討論会を傍聴した。
道路特定財源維持を主張する東国原英夫宮崎県知事と麻生渡福岡県知事
に対して、ガソリン暫定税率撤廃と道路特定財源から一般財源化を主張する
民主党菅直人代表代行と逢坂誠二衆院議員元北海道二セコ町長。
東さんは菅さんを盛んに挑発して遅れている宮崎県に高速道路を要望し、
菅さんは道路計画優先順位の透明な決定方法をつくるべきと譲らない。
宮崎を取材したフリーライターの横田一さんが東さんに高速道路でなく現在
の道路の拡幅では駄目なのか、など質問したが結局、平行線のまま終了した。
その後1ヶ月以上経っても状況は変わらない。どころか暫定税率の期限
がきてしまった。菅さんに国土交通省の言いなりになっていると指摘された
東さんの発言も変わらない。
逢坂さんは自らの地方首長体験から、一般財源化しても地方に実害はない。
各省庁の補助金を廃止して交付金を国がだすほうがいいし、資源配分を柔軟
にして教育や救急医療などに振り向けるべきだとする。
暫定税率を撤廃すると地方税収が2.6兆円不足するとの声には昭和62年
の売上税騒動の時は北海道は調整債を発行して混乱を回避した。そうだ。
生活道路の整備、補修は必要だが地方に高速道路はそんなに必要か、
東さんは宮崎は遅れている、道路さえ通れば産業が発展する。と言うが、
高速道路、新幹線が通る熊本、鹿児島が大発展したとは聞かない。むしろ
ストロー現象で福岡に吸い取られている。ICTの発達で宮崎独自の未開拓の
産業分野もあるだろう。
国交省道路局の財布化した道路特定財源は天下り機関の経費、大名旅行 
マッサージ機、カラオケ機、などに無駄使いしたと指摘されている。
片山前鳥取県知事が言うように、この際、暫定税率を廃止して一般財源化
する。そのことがこの国の改革に繋がるだろう。
東さんに久しぶりと声をかけると、報道にもみくちゃになりながらも、
「どうも、どうも」と応えてきた。
菅さんが言うように発信力の強い東さん、
「自分が言えばマスコミを通じて報道されるので自分に反対ができない、
バッシングがくるだろう」という発言は買いかぶりというか、帝王気取り
が気になる。
あの知事選挙のマニフェスト作成リーダーとして私はテレビ番組の中で
「喧嘩してでも妥協することなく初心を貫いて欲しい」と述べた。
改革の敵は守旧派であり、一地方だけでなく国全体からみて東さんには
改革の必要を論じてもらいたい。
公共工事や道路を作れば地元の土建業が一時的に潤う。敵に回したくない
ということでもないのだろうが、道路土建屋行政に終止符を打つ時である。
雑誌のキャッチコピーを借りて東さんには言いたい。
「土建化(どげんか)せんといかん」では困りますよ、知事!

スポンサーサイト
福田首相が再提示した日銀総裁人事案はまたも
財務省事務次官上がり。自民幹事長もあきれて
首相の判断は解らない。と言われる始末。
前回の提示案は人物を選んでとのことだったが、
今回は父親赳夫元首相のとき大臣秘書官をやった
内輪の人事案が本音。要は財務省の牙城を確保する
為だけの人事が白日に晒されたわけだ。
福田首相はとぼけるのが得意だが、財務省の使い走り
にしか過ぎないことがはっきりした。
公務員改革法案取り纏めの段階でも大臣(事務次官)に
人事権がない案なんて駄目だ。などと吐き捨てている。
官僚主導福田暫定政権では国が停滞する。
ビジョンなき福田首相の命運は尽きた。直ちに退場すべし。

NPOフォーラム(4日)のゲストOKウェイブ兼元社長が
マイクロソフトと提携し、資本を受け入れるようだ。
1週間前にフォーラムゲストとしてホームレスから上場に至るまで
を語ってくれた。
ホームレス時代の話では、
仲間に教えてもらい、コンビニの裏で2日前のあまった弁当を
食べたり、酒屋のそばでは酒を入手して、ハンバーグ屋からも
もらって、楽なもんだと。でもあるときハンバーグを真っ暗の公園
で食べていたら、なかから煙草の灰がらがでてきて、泣けた。
売春をしながら大学に通っている中国人の若い女性に甘いと
言われた。などなど。これがバネになって少しずつ社会復帰した。
渋谷109の前で毎朝6時からOKウエイブのステッカーを配り、
最初は1000枚、次第に3000枚配布するようになる。
現在、登録者は100万人を超えて、月に1400万人が訪れる。
http://okwave.jp/
いままで無借金経営で手持ち現金も00億円ある。投資にまわして
2010年には10ヶ国語でQ&Aをやる。
落ち着いた語り口と「事業はみんなと共同でやりたい。」
という言葉が印象に残った。
お礼のメールを送るとすぐに返礼が返ってきた。
その人柄もよく、提案をいつでも受け入れる。ということだった。


社長が元ホームレスのQ&Aサイト、米MSと提携
2008年03月11日20時04分アサヒ・コム

 元ホームレスの社長が経営するIT企業、オウケイウェイヴ(東京都、名証セント
レックス上場)が、米マイクロソフト(MS)と業務・資本提携することになった。
路上生活で身に染みた助け合いの仕組みをネット上で実現したQ&A方式の情報サイ
トにMSが注目。他のサイトにも応用していきたいMSと、海外展開を目指すオウケ
イの狙いが一致した。

 両社が11日発表した。MSはオウケイが4月8日付で行う第三者割当増資約2億
6000万円を全額引き受け、同社株10.52%を新規取得して第3位の株主とな
る。

 サイトは日常の困ったことを投稿すれば会員が自分の経験から回答を寄せる仕組み
で、現在の会員数は105万人。06年10月からは、MSが運営するポータルサイ
ト「MSN」日本版にQ&A方式のシステムやデータベースも提供してきた。