UKsuzuki

24日、Amia交流会を行いました。
ゲストに英国大使館副武官 鈴木俊玲氏
日本人と英国人のハーフ。32歳の若手ですが、
陸軍に入ってアフガニスタンに派遣されること
3度。英国兵士は400人近く死亡しているので
生きて戻ってきたのは幸運だったのでしょう。
任務は入隊後1年でリーダー役に、その際の
軍隊で得た作業の心得をマニュアル風にレクチャー。
中身はマネージメントの心得と言わば同じ。
最後にPlan-Do-See-Actionのサイクルのことを
言っていました。
軍隊での作業要領はマネージメントに使える
ということでしょう。
交流会後の流れで毎回、外国人経営の和風居酒屋へ。
先回は米国大使館グループと今回は英国大使館グループと
一緒になりました。

スポンサーサイト
370万人行進
フランスの370万人の大行進

テロ犠牲者追悼のデモにパリの参加者が160万人、
全フランスではフランスの歴史上最大370万人の大行進が
あったそうだ。
フランスのオランド大統領やドイツ・メルケル首相、
イギリスのキャメロン首相、ロシア外相、
イスラエル・ネタニヤフ首相やパレスチナ・アッバス議長も、
ほか各国の首脳40人が一緒に行進したという。
米国は駐仏大使のみの参加で米国内で批判があるそうだ。
翻って日本は誰か政権から参加したのだろうか?
米国に追随して行かなかったのか?
対岸の火事だから関係ないのか?
国際外交を標榜する外務省なら外相ぐらい、すぐさま派遣しても
よかったのではないだろうか。

テロは酷いものだが、アルジェリア、アフリカ西部マリ、などは
元はフランスの植民地、さんざん収奪してきた歴史のツケが
いま逆流してきたのかもしれない。
日本は集団的自衛権の憲法解釈変更で米国の要請のまま
中東の紛争に軍事関与した場合、日本国内もテロの対象となる
可能性大だ。政権はそんな覚悟はないだろうが、

◎Amiaクラブ新年交流会

Amiaクラブ交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!

日時:1月24日(土)午後6時~
会場:有楽町プレスクラブ
ゲスト:駐日英国大使館副武官 陸軍少佐 鈴木俊玲アレキサンダー氏
    日本人の父と英国人の母を持つ鈴木さんは若手の駐日英国大使館員。
    陸軍に所属しアフガンにも出征したそうです。平和な日本では考えられない
    経歴ですが(因みに英国皇室も伝統的に従軍。アフガン多国籍部隊ISAFは
    昨年末で任務終了)、両国の血をひくゲストの話とAmia会員の交流会です。
    (日本語トーク)
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
      http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局

---------------------------
◎グルジアワイン・ティステイング

グルジアドラゴンワイン主催のHariさんが味の評判のいいグルジアワインを
紹介します。ワイン発祥地といわれるコーカサス地方、なかでもグルジアは
近年、評価が高いワインです。グルジアワインに惚れて大学教授から転進、
グルジアワイン輸入専門商社を営むHariさんのグルジアワイン・ティステイング

日時:2月28日(土)午後6時~
会場:有楽町プレスクラブ
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
      http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局

20141230JBバンドライブ
レジェンドオブロック、シャウトするロックダイナマイト
故ジェームスブラウン。
R・ジョンソンとオリジナル・ジェームス・ブラウン・バンド、
元JBバンドの歌姫マーサ・ハイ、JB'sの名MC、ケープマンことダニー・レイ、
リードギターほか4、トラムペット、サックス、ドラム2、コンガ、
ほか女性コーラス3人など総勢15人のメンバーのライブに年末に行った。
故J・ブラウンはリズムに乗って体をひねらせシャウトして歌う。
R・ジョンソンはシャウトは物足りないが雰囲気はでてる。
I feel good, Get up get on up(sex machine), Man's man's World,
Papas got a brand new bag, Please please please,
などなどヒット曲の数々は終わりそうで終わらないエンドレスが特徴。
シアターレストランなのに前席の女性たちが踊りだし、フロアー席は立って
踊りだす。乗りがいいのだ。
今年、伝記映画「Get On Up ゲット・オン・アップ」が全米公開予定だそうだ。
JBは2006年12月25日に惜しくもこの世を去った。

JBの生のライブに遭遇したことがある。
(2006年12月のブログより)
1987年、バブル経済が始まった頃だった。
晴海に係留された4階建てのクルーザー(エレベーター付でっせ)で
パーティーがあった。
主催者はホテル・ニューオータニにある日本料理屋のオーナーで
世界のスーパーカーを50台も所有し、普段は専属飛行士の操縦する
ヘリコプターに乗って各地のリゾート物件を物色していた人だった。
リゾートの企画をやっていた私にもクルーザーパーティーの招待状が届いた。
夏の夕暮どき、タクシーで晴海に駆けつけると、な、なんと驚いたことに
10台ほどの白いロールスロイスが岸壁に停まっていた。
艇内に入ると女性エスコートの案内でスイートルームなどを見せてくれた。
その豪華さに圧倒されて、、
酒とつまみでいっときが過ぎると、びっくり仰天、有頂天。
な、なんとジェームス・ブラウン御大の登場
(このためにわざわざ日本に呼んだらしい)
ほんの3メートルくらい先の、まさに目と鼻の先、あの伝説の
ジェームス・ブラウン御大の本物の迫力のシャウト「I feel good」、
しびれましたねー御大に。
まさに時はバブル、バブルよいとこ一度はおいで♪♪
主催者のクルーザーの持ち主、K氏はいわゆる地上げ屋だった。
その後、砂浜に首だけ残して埋められたりして大変な目にあった
らしい。それからの消息はトンと聞かない。
(すべてホントのことですよ)

一昨年、昨年と株高、円安が続いている。
バブルの絶頂と終焉を経験した日本国民。
今年もその流れは続きそうだが、いつか来た道、終焉はいずれ来る。
宴の後は怖いでぇー

◎皆さん今年も楽しい1年を!