★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

      ★中央アジア「ウズベキスタン・フォーラム」
       http://amia.jp/forum/uzbekistan.html
 シルクロードの十字路 歴史ロマンを感じるウズベキスタン

◎主賓:駐日ウズベキスタン共和国大使トゥルスノフ ファルフ氏
      (通訳つき)
◎日時:4月17日(金)18:30~21:00

◎会場:駐日ウズベキスタン共和国大使館

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会

◎後援:駐日ウズベキスタン共和国大使館

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。首都はタシュケント(タシケント)
北にカザフスタン、南にトルクメニスタンとアフガニスタン、東でタジキスタン、
キルギスと接する。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行って
おり、東部のフェルガナ盆地はタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。
国境を最低2回超えないと海に達することができない、いわゆる「二重内陸国」
の1つである。

シルクロードの十字路とされているのが、ウズベキスタン。
「シルクロードのオアシス」とも呼ばれシルクロード沿いに成立した都市国家の
ウズベキスタンは、遊牧生活が基本の周辺中央アジア諸国に比べて早い段階
で定住化されました。
ウズベキスタン独特の文化と歴史の深さはもちろんのこと、 シルクロードの繋
がりやどこか懐かしさを感じたりもできる不思議な国。
魅力が溢れているウズベキスタンには、現在4つ世界文化遺産に指定されて
います。歴史ロマンを感じるウズベキスタン・フォーラムに参加されませんか!

(外務省データ)
1.面積:44万7,400平方キロメートル(日本の約1.2倍)
2.人口:2,890万人(2013年:国連人口基金)
3.首都:タシケント(Tashkent)
4.民族:ウズベク系(78.4%)、ロシア系(4.6%)、タジク系(4.8%)、
タタール系(1.2%)(対外経済関係投資貿易省)
5.言語:公用語はウズベク語(テュルク諸語に属する。但し、タシケント、
サマルカンド、ブハラ等主として都市の諸方言はペルシア語の影響を強く受けて
いる)。またロシア語も広く使用されている。
6.宗教:主としてイスラム教スンニ派
7.略史:紀元前4世紀 アレクサンドロス大王により制圧
1991年8月31日 共和国独立宣言、「ウズベキスタン共和国」に国名変更
経済:
--------------------
内容:駐日大使、文化担当官による「ウズベキスタン」レクチャー、Q&A
ウズベキスタン舞踊、ウズベキスタンに関するクイズ、
ウズベキスタン料理、飲み物を味わう。
詳細:http://amia.jp/forum/uzbekistan.html
申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
    http://form1.fc2.com/form/?id=217920
    アクティブミドル国際協会 事務局

スポンサーサイト
2015.03.07 テスラ試乗会
◎米国シリコンバレー発の電気自動車「テスラ」試乗会

米国シリコンバレーを拠点にしたイーロン・マスク社長のベンチャー企業
「テスラ」
2008年にスタートした「ロードスター」に続いて「モデルS」が販売開始。
昨年までフェラーリの試乗会を3度やりましたが、今回は初めてテスラ・
モデルSに乗ってみます。フェラーリはジェットコースターに乗ったような
浮遊感がありますがテスラも同様に浮遊するような感覚があるそうです。
価格800万~1200万円。フェラーリは2500万円~3500万円ですから、
少しお得ですね(??)
(Amia試乗会 経緯)
2011年ーフェラーリ458
2013年ーランボルギーニ、フェラーリF12
2014年ークルーザーで横浜花火大会見学、フェラーリで往復。

日時:3月21日(土)午後3時~午後5時
会場:青山
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
    http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局

◎Amiaクラブ交流会 http://amia.jp/salon4.html

Amiaクラブ交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!

*駐日インド大使館員を囲んでー日本語スピーチコンテスト優秀賞の実力
昨年、インド・モディー首相が来た際にはずっと隣に付き添った
有望な若手外交官Naikさん。(日本語トーク)

日時:3月21日(土)午後6時~
会場:有楽町・外国特派員協会
ゲスト:駐日インド大使館書記官ラジェシュNナヤカ氏
略歴:Mr.Rajesh Naik
1982年にカルナタカ州で生まれ、バンガロール大学で臨床心理学を専攻。
カルナタカ州政府財務官として勤務。
2010年インド外務省に入省。ニューデリーでの2年間の研修後、
在京インド大使館の語学研修員として2012年6月より来日、現在は
政治担当の書記官。
趣味は読書、旅行、写真に加え、様々な分野の人達と交流すること。
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
      http://form1.fc2.com/form/?id=217920
     アクティブミドル国際協会 事務局