★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

         ★NPOフォーラム(例会No.163)

      『グローバル経済社会研究所』第1回フォーラム
        
         「日本の大問題が面白いほど解ける」
    グローバル化する経済、社会、今後の日本の財政、諸問題
    についての提言

             
◎ゲスト:嘉悦大学教授(元財務省)高橋 洋一氏
    
◎日時:7月28日(水)6:45pm~9:0pm
            親睦会9:00pm~
◎会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
    http://amia.jp/

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

☆★☆『グローバル経済社会研究所』スタート!!
第1回フォーラム

「ユニクロ」は海外展開を加速して、日本人幹部社員の半分を世界
の各店に送り、世界で雇用した社員の半分を日本に呼ぶ。来年の
新入社員の半数は外国人を雇用。幹部会議や文書の英語公用化
を2012年から行う。
「日産自動車」はすでに外国人社員が入る会議は英語で行っている。
「楽天」も社内共通語を英語に、世界27カ国・地域への進出を目指し
海外取扱高比率7割を目標にする。
六本木ヒルズ周辺の英語学校が今、大賑わいだそうです。
日本政府は7月から、「中国人観光客」を受け入れる条件を大幅に
緩め、個人向けビザの発給の対象をこれまでの10倍の1600万
世帯にする。これは日本の全世帯の3分の1近い規模。
日本の観光地や商店は彼らの旺盛な消費欲に期待を募らせる。

バブル崩壊から「失われた20年」、日本は漂流し閉塞感に満ちてい
ます。この苦境を乗り越えるには、グローバルに生きるほか日本の
未来はないでしょう。
すべての経済、社会活動が密接に世界と繋がっています。
特にアジアの隆盛は目覚しく、国際間のビジネスが広がっています。

グローバルな経済、社会を考えるにあたって、経済、社会、政治、
行政のトップランナーにゲストに来ていただき研究会を月1~2回、
開催します。
第1回は07年に特別会計の「埋蔵金」を暴露し、一躍脚光を浴びた
元財務省、現嘉悦大学高橋洋一教授をゲストにお迎えします。
今後は、企業家、大学、官庁、政治家などをゲストにお迎えし、参加者
とともにグローバル経済、社会の展開を考えていきます。
第1回は今、日本が直面している財政、ほか諸問題を高橋氏の視点
で一刀両断し、提言を行う。「日本の大問題が面白いほど解ける」。

--------------------------------------
・ゲスト略歴: 高橋 洋一(たかはし よういち)氏
1955年、東京都に生まれる。
東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、
内閣府参事(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任した
あと、2006年から内閣参事官(総理補佐官補)。2008年退官。
2009年政策工房設立し会長。2010年嘉悦大学教授
著書「財政改革の経済学」「さらば財務省」「この金融政策が日本を救う」
「日本の大問題が面白いほど解ける本」
--------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/120-7fff5f97