◎4日、数々のカーレースを制した「フェラーリ458」と「フェラーリカリフォルニア」
(オープンカー)にamia(アクティブミドル国際協会 http://amia.jp)会員と試乗しました。

その昔、スウェーデンの田舎の村(砂利道)で「ポルシェ」をヒッチハイクして
助手席に乗ったのを思い出しました。
車が殆どないとは言え時々には十字路があっても、160kmでぶっ飛ばす
ドライバーには正直、生きた心地がしませんでした。ジェットコースターを
てっぺんから一挙に降りるようなもの。運転しているほうはハンドルがあって
いいのですが助手席は掴むところもなくて、まさに恐怖の一言。
30分ほどしてようやく止まって、別の道を行くのでここまで、と言われたとき
には心底ほっとしたものです。
さて「フェラーリ458」はサーキットではお馴染みのレースカー、「独ポルシェ」
や「英アストンマーチン」と覇を競っています。4600cc、5700馬力、12気筒。
営業マンが運転してくれたのですが、レースモードでマニュアル運転、爆音
すさまじく、あっという間のスピードであのジェットコースターモードです。
でもカーボンブレーキの制動力は抜群。だからスピードも出せるとのこと。
三田から愛宕、もう1台は皇居方面から九段の靖国神社くらいまでの試乗会。
フェラーリはイタリアでは売れず北米の輸出用が殆ど。日本は世界の8%くらい。

女性参加者の感想ー
ー「フェラーリ458」はエンジン音が重く、重低音でした。
地を這うような視野、地面をしっかりくいこむ感じが最高でした。
美しき狂気、凶器を感じました。試乗会でアドレナリンが出て、、

ーやっぱりフェラーリは良いですね・・・
エンジン音が最高です。フォルムもすごく奇麗で。
F1が好きなので、レースモードは痺れました!

スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/147-43e540e6