370万人行進
フランスの370万人の大行進

テロ犠牲者追悼のデモにパリの参加者が160万人、
全フランスではフランスの歴史上最大370万人の大行進が
あったそうだ。
フランスのオランド大統領やドイツ・メルケル首相、
イギリスのキャメロン首相、ロシア外相、
イスラエル・ネタニヤフ首相やパレスチナ・アッバス議長も、
ほか各国の首脳40人が一緒に行進したという。
米国は駐仏大使のみの参加で米国内で批判があるそうだ。
翻って日本は誰か政権から参加したのだろうか?
米国に追随して行かなかったのか?
対岸の火事だから関係ないのか?
国際外交を標榜する外務省なら外相ぐらい、すぐさま派遣しても
よかったのではないだろうか。

テロは酷いものだが、アルジェリア、アフリカ西部マリ、などは
元はフランスの植民地、さんざん収奪してきた歴史のツケが
いま逆流してきたのかもしれない。
日本は集団的自衛権の憲法解釈変更で米国の要請のまま
中東の紛争に軍事関与した場合、日本国内もテロの対象となる
可能性大だ。政権はそんな覚悟はないだろうが、

スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/254-d27f6bb6