FC2ブログ
桜散る、今日この頃ですが、
映画「ペンタゴン・ペーパーズ」見てきました。
館内ほぼいっぱいの観客。
スティーブン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、
トム・ハンクス主演という当代一の映画の名手たち
が繰り広げる真実を追及するストーリーは
スリル満点、テンポの早さで飽きさせない。
時あたかも朝日新聞のスクープで追及される
改ざんされた森友ぺーパーズ案件に類似。
映画が示す「国民の知る権利」の展開はタイミングぴったし。
違いはベトナム戦争の最中、米国民のうんざり感が
背景にあったこと。また改ざんではなくベトナム戦争
の経緯が公式文書として30年間記録されていたが
機密文書として公開されていなかった。
それらを持ち出した有名なエルスバーグ事件。
最高裁判事の判決の声明は「政府は国民に奉仕すること」
公式記録を保存する、ところは日本とは大違いだけど。
おススメの映画です。

スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/325-b5289643