神さま、仏さま、稲尾さま、と言われた鉄腕稲尾さんが
亡くなった。
団塊世代にとって忘れることのできない、思い出の投手だ。
1958年の日本シリーズ、西鉄が巨人相手に3連敗のあと4連勝。
3連敗したあと、稲尾投手がインタビューに答えて、西鉄は勝つ。
とはっきり言った。ラジオにかじりついて聞いたのを昨日のように
思い出す、、実際その後4連勝した。痛快だった。
その際のインタビューでファンが期待を込めて、「神さま、仏さま、
稲尾さま」と言ったようだ。
家にテレビがない小学生の時代、電気屋の息子の家に行って、
テレビをみんなで見た。5戦目か6戦目に延長で稲尾投手が
ホームランを打って勝った。これでシリーズも勝ったな、と思った。
千切っては投げ、千切っては投げ、の鉄腕、豪腕。正確な制球力。
20勝なんて通過点で、30勝が当たり前、42勝した年もある。
三原監督率いる野武士軍団が都会派の盟主巨人を日本シリーズ
に3年連続で打ち破った豪放なプロ野球チーム「西鉄ライオンズ」。
1番センター高倉、2番ショート豊田泰光、3番ライト大下弘、
4番サード中西太、5番レフト関口、6番ファースト河野、
7番セカンド仰木(後の仰木監督)、8番キャッチャー日比野、和田、
9番ピッチャー稲尾和久、
これだけの豪華な陣容だ。
怪童中西太さんの大大ファンだったが、稲尾投手も好きだった。
他に天才大下、豊田泰光などなど、西鉄の黄金時代だった。
プロ野球、大相撲、六大学野球、今は昔、みんな花盛りだった。
稲尾和久投手のご冥福をお祈りします。

おすすめの100冊


skyticket





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/43-70dd56f5