福田首相が再提示した日銀総裁人事案はまたも
財務省事務次官上がり。自民幹事長もあきれて
首相の判断は解らない。と言われる始末。
前回の提示案は人物を選んでとのことだったが、
今回は父親赳夫元首相のとき大臣秘書官をやった
内輪の人事案が本音。要は財務省の牙城を確保する
為だけの人事が白日に晒されたわけだ。
福田首相はとぼけるのが得意だが、財務省の使い走り
にしか過ぎないことがはっきりした。
公務員改革法案取り纏めの段階でも大臣(事務次官)に
人事権がない案なんて駄目だ。などと吐き捨てている。
官僚主導福田暫定政権では国が停滞する。
ビジョンなき福田首相の命運は尽きた。直ちに退場すべし。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/54-b0e7ee4b