やはり、というかオリンピック野球はメダルなしで終わった。
韓国にしろ、米国にしろ、プロ野球としては日本のほうが格が上のはず。
なお、なぜ負けるのか?
極めて言えば、ハングリー心の違いか。徴兵制の韓国はメダルを取れ
ば兵役が免除される。米国は明日はメジャーに上がろうという若いプレー
ヤー達。日本は一流どころはメジャーに行き、残りは一流半から二流ど
ころ。GG佐藤という奇妙な名前の選手は米国の1Aをクビになった選手、
とってもオリンピックに連れてこれない選手。最後の2試合でエラーの
連発など草野球なみだ。

具体的な敗因は、まず星野監督に責任がある。そうとう前から準備をし、
あれだけ前評判を煽っておきながらこのザマはないだろう。
選手が萎縮するだけなのに、精神論だけで野球をとらえる悪い習癖がある。
次に選手の人選が悪い。国内で活躍している選手はもっといた。
使いやすい選手ばかりを集めるからこういうことになる。
そして最大の問題は監督采配だ。岩瀬、川上、などツキのない投手の
連投、当然の如く打ち込まれた。なぜダルビッシュを端からださないのか、
折角の宝を持ち腐れしてしまった。上原も結局出番なし。また打撃は全く
精彩がなかった。短期決戦ではツキのある選手の起用が欠かせない。
エラーした選手をまた使うなど、どうかしている。
試合は選手がいかにリラックスして戦えるか、これに尽きる。そうすれば
思わぬ力を発揮して、いい結果につながる。
監督はその裏方。監督の名前が先に出るようでは勝利は訪れない。
選手が丸坊主になった頃から怪しい結末が見えてきていた。
星野監督はインタビューで頭も下げるでもなく申し訳ない、と憤然としていた。
キャプテン宮本のほうが頭を下げて必死に堪えている風だった。
惨敗の結果を招いた星野監督こそ即刻、まさに丸坊主になれ!と言いたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/66-590edc55