サンマリノ風景
★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

        ★NPOフォーラム(例会No.102)

           「サンマリノ・フォーラム」

            世界最古の共和国
            「世界文化遺産」登録の
            イタリア半島北部にある
             「サンマリノ共和国」大使を迎えて
            *日本語のレクチャーです

◎ゲスト:駐日サンマリノ共和国大使 マンリオ・カデロ氏

◎日時:12月5日(金)6:45pm~9:00pm
             親睦会9:00pm~
◎会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
     http://amia.jp/

◎後援:駐日サンマリノ共和国大使館 

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

○申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
NPOアクティブミドル国際協会 事務局

今年、日本との外交開始50周年にあたるサンマリノ共和国は
イタリア半島にある紀元301年建国の世界一古い共和国です。
ローマ皇帝によるキリスト教徒迫害を逃れるため、マリーノと
いう石工がこの地にたてこもり、信徒を集め共同体を作ったのが
建国の伝説とされている。中世にも天然の要塞を利用し外敵の
侵入を防ぎ、自由と独立を守り続けた。1631年にローマ法王に
より独立的地位を認められた。1862年にイタリアとの友好善隣
条約を結び近代国家としての主権と独立を確立した。
ヴァチカン市国、モナコ王国に次ぎ世界で5番目に小さな独立国
で1992年に国連に加盟。

大きさはニューヨーク市のマンハッタン島とほぼ同じ。人口3万人
神秘的な魅力がある石畳の中世の建築物が残る中心部の歴史
地区が7月に「世界文化遺産」登録。珍しい切手、コイン発行で
有名。日本とのビジネスでは自然化粧品、陶器、ワインがある。
フェラーリ車が席巻するF1「サンマリノ・グランプリ」を主催。
アイルトン・セナが非業の死を遂げたとして有名なサーキット。
2007年に世界保健機関(WHO)が発表した世界保健報告による
と、05年のサンマリノの平均寿命は男性が80歳で世界一、女性
は84歳で3位。日本は、この年の男性平均寿命は79歳で世界
第2位だった。

サンマリノのGDPの50%以上は観光客によるものであり、1997
年には330万人以上が訪問している。その他の基幹産業は銀行
業、電子産業、窯業。主な農産品はワインとチーズである。
一人当たりの支出レベルや生活水準は、イタリアと同等である。
サンマリノは、主に切手収集家向けの切手を発売しており、一定の
収入源となっている。公用語は、イタリア語。宗教はカトリック。
在日サンマリノ人数1人。その大使を迎えてサンマリノについて伺う。

・主要産業
観光、金融、繊維、電気、製陶等
・GDP
882.44百万ユーロ(2005年:サンマリノ経済企画局・統計センター)
・一人当たりGNP
22,630ユーロ(2005年:サンマリノ経済企画局・統計センター)
・主要貿易品目
輸出 建築用石材、石炭、木材、栗、小麦、ワイン等
輸入 消費財全般、食料品
・通貨
ユーロ
・元首
執政2名。6ヶ月毎に議会の議員の中から互選し、毎年4月1日と
10月1日に就任。大評議会のみの一院制。任期は5年、定数は60名。

◎ゲスト略歴:サンマリノ共和国特命全権大使 マンリオ・カデロ氏
1989年に、在日本サンマリノ共和国の領事として任命される。
2002年12月、東京において日本初のサンマリノ共和国特命全権大使
として任命される。

スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://activeka.blog76.fc2.com/tb.php/73-010410b1