fc2ブログ
◎「Amia国際交流会」8月 http://amia.jp/salon4.html

Amia国際交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!
最近入会された会員や久しぶりの会員、入会に関心ある方の
顔合わせ会です。気軽にお越しください!

*ゲスト:駐日ラオス大使館書記官2名
      (日本語トーク)
日時:8月26日(土)午後6時~9時
会場:外国特派員協会 丸の内
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局

◎「Amia国際交流会」7月 http://amia.jp/salon4.html

Amia国際交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!
最近入会された会員や久しぶりの会員、入会に関心ある方の
顔合わせ会です。気軽にお越しください!

ゲスト:駐日ハンガリー大使館 バグディー・ト―ツ・マルセル 経済担当官
    (日本語トーク)
日時:7月29日(土)午後6時~9時
会場:外国特派員協会 丸の内
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局
◎「Amia国際交流会」http://amia.jp/salon4.html
ゲスト:マレーシア大使館女性書記官(日本語トーク)
Amia国際交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!
最近入会された会員や久しぶりの会員、入会に関心ある方の
顔合わせ会です。気軽にお越しください!
日時:6月24日(土)午後6時~9時
会場:外国特派員協会 丸の内
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局
★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★

          ★「モンゴル・フォーラム」
           http://amia.jp/forum/mongolia.html
     モンゴル・日本ー外交樹立50周年記念
     大草原と遊牧民の暮らしの今を知る

◎主賓:駐日モンゴル国 大使ダンバダルジャー・バッチジャルガル氏
     (通訳つき)

◎日時:5月25日(木)18:30~21:00

◎会場:駐日モンゴル国大使館

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会

◎後援:駐日モンゴル国大使館

◎協力:航空会社

★★★★★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡★★★★★★☆★

モンゴル民族は、7世紀から歴史上に登場し、
13世紀 - 14世紀にユーラシア大陸の大部分を版図としたモンゴル帝国を築いた民族。
モンゴル語を話す。大きくハルハとチャハルに分けられる。
現在はモンゴル国と中華人民共和国の内モンゴル自治区などにその多くが住んでいる。

遊牧
有史以来、農業に適さないモンゴル高原では遊牧的牧畜によって生活を送ってきた。
家屋は組み立て式の移動式住居「ゲル」を用い、家財道具と家畜を連れて、
春夏秋冬の季節ごとに移動を行う。
今まではラクダやウマで運んでいたが、近年はトラックなども使うようになった。
移動の理由は豊かな草を求めるためであり、一所に居続けるとそこの草がなくなるだけ
でなく、 草地が再生せず根絶やしになってしまうからである。
遊牧的牧畜は人間と家畜と自然環境の相互作用・循環によって成立する。草原の草
は家畜に食われ、その体内で分解されて乳・肉・毛・糞などになる。
その一部を人間が利用し、糞や死体は微生物に分解されて土地に還元される。
そこに再び草が生え、家畜が食う。乳や肉は人間の食糧となり、毛や皮は人間の
衣服・家屋になる。糞は燃料にもなる。無駄のない循環作用が厳しい環境で生きる
モンゴル高原の人々を長年支えてきた。
しかし、近年では牧畜をやめ定住し、都市部で生活する人が増えてきた。

大草原と砂漠の国モンゴルの魅力!
広大なモンゴルの自然は、決して大草原ばかりではない。
多種多様な自然があり、その豊かさに驚く。
【ステップ】
平らで広々とした草原地帯。皆様がイメージするモンゴルの風景そのもの。
どこまでも続く大草原は、日々の喧騒を忘れさせてくれる。
【タイガ】
主にモンゴルの最北部に位置する常緑針葉樹林が育つ山々のこと、この周辺には
トナカイを飼育するツァータン民族が暮らしている。
モンゴルのスイスと呼ばれる世界でも指折りのフブスグル湖もこの地域にあり、
エメラルドグリーンの湖面は、沖へ行くとコバルトブルーへと色が変わって見える。
【ゴビ】
モンゴル語で砂漠の意味。モンゴルにも砂漠がある!しかし、「砂」というわけではなく、
乾いた土地に丈の短い草や潅木がまだらに生えているのが特徴。
・ゲルとは?
モンゴルの遊牧民が住んでいる移動式住居のこと。
木とフェルトでできており、解体に1時間、組立に2時間あればよく、また軽いので
運搬が容易で移動生活に適している。
ゲル内の中央部にはストーブがあり、ドアから一番奥の北側が主人の位置になる。
・ナーダム祭
モンゴル中が沸く、夏の祭典ナーダム祭。
毎年モンゴルの革命記念日に行われる、国を挙げての祭典。
お祭りの当日には、草原に暮らす遊牧民が家族総出で会場に集まる。
ナーダム祭では、相撲・弓・競馬の三種目が競われる。
日本でもモンゴル人力士が大活躍しているが、モンゴル相撲は土俵がなく、
頭、肘、膝、背中のいずれかが地面についた方が負けとなる。
また、入場の際に選手が鷹の飛ぶ姿を真似た勇壮な舞を舞うのが特徴。
一度に10数組の取り組みが行われる。

モンゴルの星空
漆黒の夜空、静寂に包まれたモンゴル草原では、天候が許す限り満天の星を
見ることができる。
民族音楽を楽しむ!
モンゴルの伝統的な歌唱として、オルティン・ドー(長い唄)、ボキン・ドー(短い唄)、
ホーミーなどが有名。
特にホーミーは一人で同時に高音と低音を出す歌唱法として知られている。
モンゴルの民族楽器では馬頭琴(モリン・ホール)が日本でも有名。

・駐日大使、担当官に日本との関係、観光事情などについて伺う。
------------------------------------------------------------------
◎大使略歴:ダンバダルジャー・バッチジャルガル大使
モンゴル国立大学物理数学学部・学士教育修士
早稲田大学アジア太平洋研究科・修士
2018.08.17ー駐日モンゴル国大使館特命全権大使
------------------------------------------------------------------
●日時:5月25日(木)午後6時30分~午後9時
●会場:駐日モンゴル国大使館
●内容:駐日大使、文化担当官による「モンゴル」レクチャー、Q&A
     モンゴル馬頭琴演奏、モンゴル料理、飲物を味わう。
     モンゴルに関するクイズ(大使館より賞品)
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局
◎「Amia国際交流会」http://amia.jp/salon4.html

Amia国際交流会を開催します。
Amiaクラブ会員、またAmiaクラブに関心のある方もお越しください!
最近入会された会員や久しぶりの会員、入会に関心ある方の
顔合わせ会です。気軽にお越しください!

*ゲスト:駐日フィリピン大使館 ジャン・ケネス領事
      (日本語トーク)  
      ジャン・ケネスさんは昨秋の日本語スピーチコンテストで
      受賞するなど日本語上手。
日時:4月22日(土)午後6時~9時
会場:外国特派員協会 丸の内
●申込:以下をクリック、申し込み欄に記入、お送りください。
http://form1.fc2.com/form/?id=217920
アクティブミドル国際協会 事務局